ここに注意!派遣プログラマの心掛けるべきこと

派遣応援団!プログラマーズルーム

派遣で働くプログラマのための、おトク情報レポート!

派遣応援団!プログラマーズルーム

派遣で働くプログラマが心掛けるべきこと

派遣で働くプログラマが心掛けるべきこと

派遣プログラマへの風あたり

現在のIT業界では、派遣プログラマは食えない仕事として認識されています。昔は花形とされていたプログラマですが、最近ではIT土方などと散々なことを言われています。とりわけ派遣プログラマは過酷な労働条件で働くことを強いられています。その理由としては、プログラムの標準化にあります。昔は非常に複雑だったプログラミングですが、現在では誰もが使えるプログラミング言語なるものが存在し、それを勉強すれば、誰でも同じようなプログラムを作成することができます。それゆえプログラマは飽和状態になっています。高齢化したプログラマは若手のプログラマにとって代わり、あるいはその人たちさえ海外の低賃金の労働者にとって代わられようとしています。このように向かい風が強い派遣プログラマですが、決して、やりがいのない夢のない仕事ではありません。

派遣プログラマのやりがい

上記したように、そのようなプログラミング言語を用いれば、誰でも同じようなプログラムを書くことができます。しかし、誰でもできるようなことしかできないプログラマは加齢とともに淘汰されていきます。したがって、プログラマとして成功していくには「付加価値」をつける必要があります。そしてこの「付加価値」をつけることこそ、プログラマのやりがいとなります。例えば、C++やJAVAを使ってプログラムを書いたとします。ここまではこの言語を学んだ人ならば誰でもできる作業です。しかし、ここからPythonという言語を使ってC++のソースコードを呼び出すようにして、自動化できるようにしたとする。この「自動化」が付加価値になり、他の人たちとの差になるのです。特に派遣プログラマであれば、その会社で常勤するプログラマとの違いを持っていなければなりません。
もしかしたら、時代とともにこの「自動化」も誰にでもできる作業になるかもしれません。しかしプログラマとしてやりがいを求めるのならば、与えられた仕事だけをこなすのではなく、自身の仕事に「付加価値」をつける必要があります。「誰に頼んでも同じ」ではなく、「この人に依頼しよう」と相手に思ってもらうことが大事になります。そのためには、自分にしかできないことを探していきましょう。

プログラムを楽しむ

派遣プログラマはとりわけ、プログラムを書く事務員としての色が強いと言われています。プログラムを書くだけでなくいろいろな事務作業に追われて、本質的な自分の役割を見失いがちです。そうなるとプログラムを追究することをあきらめてしまう人も多くなってしまいます。それを防ぐためにはとにかく「プログラムを楽しむ」ことが大事です。与えられた仕事をこなすだけでは、プログラム=作業になってしまいます。「プログラムを動かしたい」という意思を持って仕事をすることでやりがいを持つことができます。
家でプログラムを書くのもありです。やはり、自分の作りたいプログラムを作るのが1番なのですが、仕事となるとそうはいかないことのほうが多いです。それならば、家で自分が作りたいものを作ることで、改めてプログラミングの楽しみを発見し、更なるスキルの向上も見込むことができます。いろいろと風当たりは強いですが、自身がプログラマとしての誇りをもって仕事をすれば、経済的な成功も見えてくるでしょう。

おすすめ記事ピックアップ

派遣プログラマが求められる理由

派遣プログラマという働き方にどのようなイメージを持っていますか?派遣にまつわる良くないイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、プログラマという専門スキルを持つ職業であれば、派遣という働き方によるキャリアアップの道があります。

派遣先を紹介されやすい人

派遣プログラマを求めている企業は、派遣プログラマに対してプログラマとしてのハイレベルなスキルを期待すると同時に、コミュニケーション能力の高い人を希望しています。即戦力として業務をスムーズにこなすためには、コミュニケーションスキルは必要不可欠なのです。

大不況が起こってもプログラマが生き残れる理由

どんなに不景気でもプログラマは生き残るという説があります。プログラミングの知識と能力は今後のグローバル社会を力強く生き抜いていくための力であるという考え方です。確かに、プログラミングスキルは現代人にとって強力な武器といえるでしょう。

↑ ページトップへ

Copyright © 2014 派遣応援団!プログラマーズルーム All Rights Reserved.