受け入れ側の利点を知る!派遣プログラマが求められる理由とは

派遣応援団!プログラマーズルーム

派遣で働くプログラマのための、おトク情報レポート!

派遣応援団!プログラマーズルーム

派遣プログラマが求められる理由

派遣プログラマが求められる理由

派遣プログラマのイメージは?

派遣社員と言うと、どちらかと言えばマイナスイメージを持っている人のほうが多いかもしれませんね。確かに、雇用は安定しているとは言えず、仕事内容もレベルの高いものではないかもしれません。しかし、技術職、とりわけプログラマに関しては派遣という雇用形態はマイナスにはなりえないのです。社会状況や派遣法の改正によって、環境が大きく変化しつつある今日では、プログラマにとって派遣という雇用形態はキャリアアップのための有効な手段になり得るといわれています。

企業側の派遣プログラマのニーズ

昨今の経済状況の影響によって、企業は自社で雇用する社員の人数をあまり多くできなくなっています。しかし、そのような状態にもかかわらず、企業間競争のため、システムの開発期間の短縮は必須となっています。そのため、1から正社員のプログラマを育成している余裕はなく、プロジェクト単位で成果を出してくれる派遣プログラマに仕事を委託するケースが増えています。派遣社員を一時的に雇用する方がコストが安く済むため、意外と派遣という雇用形態は、今の経済状況とマッチしているかもしれません。
また、一概には言えませんが、正社員に比べて派遣プログラマは仕事に対して意欲的だといわれています。これは、派遣という雇用形態が常に貪欲さを生み出している結果だといわれています。派遣プログラマは生きていくために常に新しい技術の取得に意欲的であるため、質の高い業務を行ってくれると認識されています。派遣プログラマの評価は決して低いものではないのです。

プログラマ側のメリット

派遣社員は正社員と比べると、確かに雇用を保証されている状態ではありません。しかし、近年では正社員でも同じような状態と言われています。むしろ、プログラマとして、プロジェクトマネージャーやコンサルタントとしてのスキルが身についていれば、派遣でも十分活躍することができます。正社員でも派遣社員でも若いうちはそれなりに仕事をもらうことができるかもしれません。それは賃金が安いからであり、本当の勝負は30代からと言われています。つまり30代までにどれだけのスキルを身に着けることができるかがキャリアアップに関わっているのです。年齢を重ねてもスキルが身についていない人は正社員でも派遣社員でも苦しくなることでしょう。逆にスキルを身に着けた人は派遣社員でも活躍の場は必ずあります。
正社員でも、企業の戦略が明確で人材育成に関する制度がしっかりとしていれば、確かなスキルを身に着けることができるでしょう。しかし、戦略が間違っていたり、人材育成制度がしっかりとしたものでなければ、スキルを身に着けることができず、会社のために頑張って働いていたのにリストラに合うということもありうるわけです。ここで正社員と派遣社員の1番の差が出てきます。派遣社員は必要なスキルは自分で身に着けていかなくてはなりません。逆に言うと必要なスキルは自分で選ぶことができるのです。自分が将来性のあると感じた分野があるのならば、その分野にマッチしたスキルを計画的に身に着けていくことができます。自分のビジョンとスキルアップの方向性をマッチさせることができるのです。これが、派遣プログラマがキャリアアップに有効だといわれる理由です。

おすすめ記事ピックアップ

派遣プログラマが求められる理由

派遣プログラマという働き方にどのようなイメージを持っていますか?派遣にまつわる良くないイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、プログラマという専門スキルを持つ職業であれば、派遣という働き方によるキャリアアップの道があります。

派遣先を紹介されやすい人

派遣プログラマを求めている企業は、派遣プログラマに対してプログラマとしてのハイレベルなスキルを期待すると同時に、コミュニケーション能力の高い人を希望しています。即戦力として業務をスムーズにこなすためには、コミュニケーションスキルは必要不可欠なのです。

大不況が起こってもプログラマが生き残れる理由

どんなに不景気でもプログラマは生き残るという説があります。プログラミングの知識と能力は今後のグローバル社会を力強く生き抜いていくための力であるという考え方です。確かに、プログラミングスキルは現代人にとって強力な武器といえるでしょう。

↑ ページトップへ

Copyright © 2014 派遣応援団!プログラマーズルーム All Rights Reserved.