平均時給はどれくらい?派遣プログラマの待遇を知る

派遣応援団!プログラマーズルーム

派遣で働くプログラマのための、おトク情報レポート!

派遣応援団!プログラマーズルーム

派遣プログラマの待遇

派遣プログラマの待遇

派遣プログラマの時給の相場と高い時給になる場合の条件

派遣で働くプログラマの時給に関してですが、ソフト開発のために使われる頻度が高いプログラミングを使った業務を行う場合、都会で働く時の相場は2千円程度になります。一方で、地方でのプログラマは1200円程度が相場です。
経験の度合いやプログラムの難易度などの条件によって、時給は大きく変動する場合が多いです。例えば、Javaに関する開発の経験があって、業務の経験の年数が長ければ長いほど時給は高くなる傾向です。都会で働く場合、Javaに関する開発の経験が6年もあって、派遣としてJavaを使ったプログラミングに従事する時に、派遣会社からは時給3千円以上で提示される場合が多いです。特にサーバーサイドの開発を行ったり、ウェブシステムの開発の構築などの難しい業務を経験している人は、時給3千円にさらに上乗せされる可能性が高いです。
会社が提示するプログラミングの資格を習得していても、業務自体が未経験の場合は時給が低い傾向にあります。しかし、業務経験がなかったとしても、派遣先の会社でプログラミングのスキルを身につけて、経験が豊富になる事で大幅な時給のアップも期待できます。時給の面を重視するならば、時給が低い地方の派遣会社を選ばずに、できれば都会の派遣会社を選ぶ事です。

派遣プログラマとして働く場合に時給を上げるコツ

優先する事は、派遣先の企業でプログラミングの経験を徐々に積んでいって、プログラムのスキルを上げていく事です。プログラムのスキルを上げるためには、会社での業務でスキルを上げるばかりではなくて、様々な種類のプログラミングに関する勉強をする事も大切です。
派遣先の会社が、求めているプログラミングの経験を不問として受け入れる場合も多いです。最初にプログラマとして従事する場合は、働く会社を選んだり、仕事の内容を取捨選択するという考えを持たない事です。未経験でもやる気を持って業務に努めて、徐々にスキルを磨いて企業に認めてもらう事で時給がアップしていきます。
派遣社員としてプログラマとして従事する場合、通信講座や専門学校などを利用して様々なプログラミング関連の資格を取得しておくことをおすすめします。派遣会社として働く場合、プログラマとして働いたとしても、基本的には遅くまで仕事に従事する事が少ないです。従って、夕方までの仕事が終わった後に、通信講座で勉強をしたり、専門学校に通って資格を取得する努力しなければなりません。派遣会社で働く場合は、多くの仕事に関する案件を持っている派遣会社を選んで、多くの仕事を紹介してもらう事が大切です。

おすすめ記事ピックアップ

派遣プログラマが求められる理由

派遣プログラマという働き方にどのようなイメージを持っていますか?派遣にまつわる良くないイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、プログラマという専門スキルを持つ職業であれば、派遣という働き方によるキャリアアップの道があります。

派遣先を紹介されやすい人

派遣プログラマを求めている企業は、派遣プログラマに対してプログラマとしてのハイレベルなスキルを期待すると同時に、コミュニケーション能力の高い人を希望しています。即戦力として業務をスムーズにこなすためには、コミュニケーションスキルは必要不可欠なのです。

大不況が起こってもプログラマが生き残れる理由

どんなに不景気でもプログラマは生き残るという説があります。プログラミングの知識と能力は今後のグローバル社会を力強く生き抜いていくための力であるという考え方です。確かに、プログラミングスキルは現代人にとって強力な武器といえるでしょう。

↑ ページトップへ

Copyright © 2014 派遣応援団!プログラマーズルーム All Rights Reserved.