派遣プログラマの登録はコーディネーターに注意!

派遣応援団!プログラマーズルーム

派遣で働くプログラマのための、おトク情報レポート!

派遣応援団!プログラマーズルーム

こんな派遣コーディネーターは注意が必要

こんな派遣コーディネーターは注意が必要

コーディネーター選びを間違うと・・・

様々なプログラマの仕事を提供する大手の派遣会社に登録して、派遣の担当者の一員であるコーディネーターを選びます。登録者の担当者となるコーディネーターは、基本的に登録者の任意で選ぶ事が出来ます。間違った選び方として、派遣会社の利用などのシステムを一方的に押し付けたり、派遣会社に都合の良い条件を一方的に言ってくるコーディネーターを選ぶ事です。結果的に登録者に対して、一方的な不利な点を押し付けている事になって、登録者のサポートをしないような不利な点が生じます。
派遣会社にいるスタッフは、基本的に自分の意志で職種などを選んで、請負先で仕事に従事する事になります。しかし、派遣会社のスタッフが仕事に関して乗り気でないのに、強引に仕事を紹介されれば、断る意志を伝えてもなかなか仕事を断れないので、間違ったコーディネーターの選び方と言えます。紹介された仕事に対して断れば、ブラックリストに載せるなどの脅し文句を言ってくる人も要注意です。自分の独断としての古い経験を伝えたり、将来性のない会社や職種を強引に紹介したり、登録者のキャリアを鑑みないなどの対応をするコーディネーターは長期的な目線でもデメリットの部分が大きいです。

派遣コーディネーターを選ぶ際の注意点

プログラミングの仕事に就きたいと思っている登録者にとっての本来の目的は、プログラマとして仕事に就く事です。しかし、派遣のプログラマとして仕事に就いていても、請負先の制約などがあって、途中で契約を打ち切られる可能性もあります。仕事の契約を打ち切られて、結果的に仕事を請ける場合はコーディネーターに頼らざるを得ません。
仕事を打ち切られるなどの事由で、コーディネーターを頼った時に、仕事を紹介しないなどの不都合な扱いを受ける事があります。自分に合わない人であったり、様々な不都合の部分を押し付ける人は、交代をしてもらうことを考えます。
基本的にコーディネーターは、登録者が就く会社や職種の希望を受け入れて、適した仕事を十分に相談しながら仕事を紹介するという役割があります。まれに登録者との対応などにおいて、教育などがあまり行き届いていないために万全のバックアップをしない人も多いです。従って、登録者が紹介を受ける場合に、相談する内容や対応の仕方によっては、別の派遣会社を選択したり、別の派遣コーディネーターを選ぶ対策を行います。
一方で、仕事を紹介してくれる担当者と気が合って、満足な仕事を紹介する事を見込んだ場合は、しっかりと将来を見据えて、自分の就きたい仕事などの意志を伝える事が大切です。派遣会社に対して、仕事を紹介してくれる担当者の感想を言ったり、責任者と相談を行う事も必要です。

おすすめ記事ピックアップ

派遣プログラマが求められる理由

派遣プログラマという働き方にどのようなイメージを持っていますか?派遣にまつわる良くないイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、プログラマという専門スキルを持つ職業であれば、派遣という働き方によるキャリアアップの道があります。

派遣先を紹介されやすい人

派遣プログラマを求めている企業は、派遣プログラマに対してプログラマとしてのハイレベルなスキルを期待すると同時に、コミュニケーション能力の高い人を希望しています。即戦力として業務をスムーズにこなすためには、コミュニケーションスキルは必要不可欠なのです。

大不況が起こってもプログラマが生き残れる理由

どんなに不景気でもプログラマは生き残るという説があります。プログラミングの知識と能力は今後のグローバル社会を力強く生き抜いていくための力であるという考え方です。確かに、プログラミングスキルは現代人にとって強力な武器といえるでしょう。

↑ ページトップへ

Copyright © 2014 派遣応援団!プログラマーズルーム All Rights Reserved.