コミュニケーションスキルを磨いて紹介されやすい派遣プログラマになる

派遣応援団!プログラマーズルーム

派遣で働くプログラマのための、おトク情報レポート!

派遣応援団!プログラマーズルーム

派遣先を紹介されやすい人

派遣先を紹介されやすい人

派遣プログラマも、キーワードは「コミュニケーションスキル」

派遣社員は、企業が信頼して派遣会社に依頼することにより、派遣されるものです。派遣会社としても良い人材を企業に派遣することにより、今後の派遣先を確保することになります。人材選びは派遣会社にとっても重要なことになるのです。特別に優秀な人材ではなくても、周囲と上手にやっていくことのできる人は派遣先からも信頼されることになり、契約期間が終わってからも延長を頼まれることが多くあります。やはり紹介されやすいのはコミュニケーションスキルの高い人、ということが言えるでしょう。具体的に以下の様な人材であると言えます。

挨拶がきちんとできること

派遣先には直行直帰が許されているとは言え、他社の社員に違いはありません。社内の人には朝晩きちんと挨拶ができることが大切です。挨拶がスムーズにできることで他部署の人達にも顔を覚えて貰えて、話しかけ安い状況を作ることができます。必要以上に親しくする必要はありませんが、話しかけられた際に笑顔で対応できる人が好まれます。派遣先に馴染むことができるということ自分にとっても有利となるに違いありません。

遅刻や無断欠席をしないこと

会社は派遣社員を即戦力として見ています。派遣社員は遅刻をすれば時給が減るだけなので構わないと思われがちですが、その会社で勤務をしながら遅刻をするのは会社のルールを守らないのと同じことです。また、無断欠勤は仕事に大きく影響しますので一度でもすると信頼に関わるものとなります。休暇が必要な時には少なくとも2~3日前までに派遣会社に連絡して、必要ならば代わりの派遣社員を都合つけさせることまで考えられるようにしましょう。

仕事の報告ができること

任せられた仕事は自分のペースでこなしていけば良いことは間違いありません。しかし、いつの間にか出社して、時間になったらいつの間にか退社しているというのでは、仕事の進捗状況が把握できません。一日の最後で良いので、どこまで終わったかを自分の担当の上司にきちんと報告ができるようにしておきましょう。任された書類はきちんと整理整頓して、誰が見ても分かるようにしておきます。請求書や納品書は引き出しに溜めこまず、タイムリーにファイリングしておくことが必要です。

分からないことをそのままにしないこと

派遣社員だからと、分からない仕事を何となく自分の勘でこなした末、後から社員が全て手直しをしなければならない、ということもあります。その部署にはその部署のやり方があります。社員が忙しそうだったから、急いでいたからなどと今までの派遣先でのスキルばかりに頼らず、少しでも不明な点はすぐに質問できるようになりましょう。一度聞いたことは忘れないようにメモをとっておく、いつ頃同じ様なことがあったか覚えておく、という仕事に対する意欲も伺えることとなります。

おすすめ記事ピックアップ

派遣プログラマが求められる理由

派遣プログラマという働き方にどのようなイメージを持っていますか?派遣にまつわる良くないイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、プログラマという専門スキルを持つ職業であれば、派遣という働き方によるキャリアアップの道があります。

派遣先を紹介されやすい人

派遣プログラマを求めている企業は、派遣プログラマに対してプログラマとしてのハイレベルなスキルを期待すると同時に、コミュニケーション能力の高い人を希望しています。即戦力として業務をスムーズにこなすためには、コミュニケーションスキルは必要不可欠なのです。

大不況が起こってもプログラマが生き残れる理由

どんなに不景気でもプログラマは生き残るという説があります。プログラミングの知識と能力は今後のグローバル社会を力強く生き抜いていくための力であるという考え方です。確かに、プログラミングスキルは現代人にとって強力な武器といえるでしょう。

↑ ページトップへ

Copyright © 2014 派遣応援団!プログラマーズルーム All Rights Reserved.