プログラマは今後何を求められるのか

派遣応援団!プログラマーズルーム

派遣で働くプログラマのための、おトク情報レポート!

派遣応援団!プログラマーズルーム

今後のプログラマについて

派遣プログラマとして働く上で、将来的なことにも目をむけてみましょう。これから先の時代にプログラマに求められるスキルや能力、そしてIT業界における派遣業の動向など、働き方に関わらず、プログラマとして生きていく上で知っておいて損はない情報を紹介します。プログラマとして、これからの時代を強く生き抜いていきましょう。

今後プログラマが学ぶべき知識

目まぐるしく変化するIT業界において、プログラマとしてこれからも生き延びてゆくためには、目先の技術革新に振り回されずむしろ基礎的な部分について理解を深めておくことが大切です。そのためには、数学のもつ論理性を身に付けるという面で、三段論法や背理法、数学的帰納法などを知っておくと良いでしょう。またコンピュータの基本構造についても、実は最初のノイマン型にとって代わるものが未だ現れていません。従ってその構造と併せて、その処理能力を引き出す上で最適な選択が重要となるデータ構造についても理解しておくと良いでしょう。 今後プログラマが学ぶべき知識の詳細を見る

今後のIT業界の派遣について

「労働者派遣法改正案」は何が問題なのか?IT業界に対する影響は?国会での成立が見送りとなった今こそ、要点を確認しておく必要があるでしょう。問題とされたのは、3年以上「同じ人を雇用するな」しかし「他の人に変えるなら問題ない」としている点でした。これにより企業が「派遣切り」しやすくなるのではないか?という事です。IT業界は労働集約的な構造を持っている為、人材に対する需要は常にあり、それを背景に不正も横行していました。法改正により、これが是正されるのか、逆に悪化するのかが争点となっていたわけです。成立は見送りとなりましたが廃案となったわけでは無いので、今度の動静について注目が必要になるでしょう。 今後のIT業界の派遣についての詳細を見る

大不況が起こってもプログラマが生き残れる理由

コンサルタントの大前研一氏は、かつての「読み書き算盤」に代わって「英語、IT、財務」をグローバル時代の必須技能と位置づけている。また、アメリカもプログラミング能力の重要さを認め、小学生から高校生を対象とした「コンピュータサイエンス・エデュケーションウィーク」というイベント等を行い、啓蒙活動に努めている。オバマ大統領は、プログラミング能力が「個人の生活の安定だけでなく、アメリカという国家を技術的に最先端の国家とするのだ」と述べるビデオレターをこのイベントに寄せているほどだ。グローバル化した社会において、海外の人材と対等に競い合うためには、高度なITの知識は必須の素養となるのだ。 大不況が起こってもプログラマが生き残れる理由の詳細を見る

勉強し続けることを忘れない

派遣として働きたいと思っている人はプログラマという職種がオススメです。常に人手不足なので、一度プログラマとしての経験があれば今後働いていくのに苦労はしないでしょう。独学することはもちろんのこと、未経験OKの会社で生きた技術を教えてもらうとプログラミングについてよく知ることができるでしょう。そしてその後はネット環境があれば無料で学習できるサイトもあるのでそういったサイトを使い自分のプログラミングスキルを磨いていきましょう。プログラマは勉強あるのみです! 勉強し続けることを忘れないの詳細を見る

おすすめ記事ピックアップ

派遣プログラマが求められる理由

派遣プログラマという働き方にどのようなイメージを持っていますか?派遣にまつわる良くないイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、プログラマという専門スキルを持つ職業であれば、派遣という働き方によるキャリアアップの道があります。

派遣先を紹介されやすい人

派遣プログラマを求めている企業は、派遣プログラマに対してプログラマとしてのハイレベルなスキルを期待すると同時に、コミュニケーション能力の高い人を希望しています。即戦力として業務をスムーズにこなすためには、コミュニケーションスキルは必要不可欠なのです。

大不況が起こってもプログラマが生き残れる理由

どんなに不景気でもプログラマは生き残るという説があります。プログラミングの知識と能力は今後のグローバル社会を力強く生き抜いていくための力であるという考え方です。確かに、プログラミングスキルは現代人にとって強力な武器といえるでしょう。

↑ ページトップへ

Copyright © 2014 派遣応援団!プログラマーズルーム All Rights Reserved.