プログラマがこれから学ぶべき知識とは

派遣応援団!プログラマーズルーム

派遣で働くプログラマのための、おトク情報レポート!

派遣応援団!プログラマーズルーム

今後プログラマが学ぶべき知識

今後プログラマが学ぶべき知識

めまぐるしい時こそ、足元に目を向ける

樹木は地表に出ている部分に匹敵するほど地中深くに根を張っている、とは良く知られています。樹木は芽を出す土地を選べるわけではありません。そして一度芽を出せば歩き回ることもできず、ひたすら地中に根を張り巡らせることで生命を保つために必要な栄養と水分を調達し続けているのです。

プログラマが足を付けておくべき「地」とは

長い歴史の中では様々な技術革新が起こり、一時代で捨て去られるものもあれば、脈々とその奥深くに息づくものもあります。あるいは問題解決策を探る中で、迷ったら基本に戻れというのもよく言われるとことです。IT技術の革新は目覚ましく、これまでの比ではありません。それだけに次々と生まれては消えて行く目先の技術に振り回されていると、たちまち基本をどこかに置き忘れてしまい、気が付いた頃には時代に取り残されて八方塞がりというこのにもなりかねません。そもそもコンピュータの歴史は、第二次世界大戦中にドイツ軍が使っていた暗号エニグマの解読に遡ります。これを指揮したのがチューリングという数理論学者で、数学史上の難問の一つであるリーマン予想を研究する過程で生み出した万能チューリングマシンという想像上のコンピュータを着想したのです。この当時から数学が戦争という世俗の覇権争いに利用されるようになったという経緯はあるものの、理論数学の持つ純粋で緻密な論理性は、人を説得したり問題を解明するのに非常に役立つ基礎といえます。

知っておくと役立つ数学の論理性

中でも三段論法、背理法、そして数学的帰納法を理解しておくと良いでしょう。三段論法とは、「AはBである、BはCである、ならばAはCである」という証明方法で、様々なプログラミングの場面で使われています。また背理法とは、「Aは正である」という証明をしたいが直接証明することが困難な場合に、「Aの否定は偽である」を証明することで「Aは正である」を導き出す証明方法で、ifを含むプログラミング言語では理解しておくことが重要です。そして数学的帰納法とは、個々の自然数について成り立つ等式から自然数一般についてこの等式が成り立つことを導き出す証明方法で、DRY(Don’t Repeat Yourself)という文字通り重複してコードを書かないためには不可欠な論理です。そしてこのDRYに則ったコードを書く上で様々な数列の概念も知っておくと良いでしょう。

知っておくと役立つコンピュータサイエンス

さて想像上の万能チューリングマシンから、数学者・物理学者・電子科学者などとして多才なジョン・フォン・ノイマンの名を冠したノイマン型のコンピュータが実用化されたのはそう後の話ではありません。そして実は現代においてもコンピュータの基本構造はこのノイマン型から変化していないのです。そしてデータ構造についても、適切に選択できることが問題解決の要となるため、理解しておくと良いでしょう。

おすすめ記事ピックアップ

派遣プログラマが求められる理由

派遣プログラマという働き方にどのようなイメージを持っていますか?派遣にまつわる良くないイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、プログラマという専門スキルを持つ職業であれば、派遣という働き方によるキャリアアップの道があります。

派遣先を紹介されやすい人

派遣プログラマを求めている企業は、派遣プログラマに対してプログラマとしてのハイレベルなスキルを期待すると同時に、コミュニケーション能力の高い人を希望しています。即戦力として業務をスムーズにこなすためには、コミュニケーションスキルは必要不可欠なのです。

大不況が起こってもプログラマが生き残れる理由

どんなに不景気でもプログラマは生き残るという説があります。プログラミングの知識と能力は今後のグローバル社会を力強く生き抜いていくための力であるという考え方です。確かに、プログラミングスキルは現代人にとって強力な武器といえるでしょう。

↑ ページトップへ

Copyright © 2014 派遣応援団!プログラマーズルーム All Rights Reserved.