プログラマは派遣以外の働き方も!

派遣応援団!プログラマーズルーム

派遣で働くプログラマのための、おトク情報レポート!

派遣応援団!プログラマーズルーム

いろいろな働き方も視野に入れる

プログラマとして派遣という働き方を選ぶにはそれぞれの理由や事情があると思います。ひとつの企業に縛られずに仕事ができるというメリットを活かし、プログラマとして携わりたい分野を模索するのもひとつの選択肢です。派遣会社に登録はしているものの思うような派遣先とめぐりあえずにいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。縛られない働き方、携わりたい開発分野、収入などそれぞれの目的を実現するために派遣以外の働き方にも目を向けてみましょう。

未だ需要の多いSier社員として働く

Sierは企業相手の仕事をしているので、一般的にはあまりその実情がわからないかもしれません。しかしSierは日本のほとんどの企業が採用している情報システムを担当しているため、今後も需要が高まっていく事が考えられます。そして、現在のSierは顧客企業の経営戦略会議から加わり、どんな情報システムを構築したらよいかをコンサルティングし、ソリューションを提示し、実際にシステムを構築し運用するなど、より企業にとって重要な存在になっています。そんなSierで働くには新しい価値を生み出せる人間でいることが必要になります。 未だ需要の多いSier社員として働くの詳細を見る

自社サービス開発のエンジニアに転職する

自社サービス開発の仕事は派遣のエンジニアと比べて昇級や生活リズムなどの収入面・環境面でかなり安定します。加えて就職先をしっかりと選ぶことで自分の目指しているエンジニアになりやすい環境があると言えます。またコミュニケーション能力は必須となりますが、上流工程に早くから参加でき、より自分の考えが形になりますし、ソフトウェア開発などに関してはそれが直に反映されることもあるでしょう。様々な業務に携わる中で本当に自分がやりたいことを見つけられ、可能性が広がるのが自社サービス開発の素晴らしい面です。 自社サービス開発のエンジニアに転職するの詳細を見る

フリーエンジニアとして独立する

フリーエンジニアとして働くと仕事を選ぶ自由はあるが、営業力などが劣っている場合は報酬の高い条件のいい仕事を手に入れることが難しくなります。仕事を得るために営業活動に力を入れれば、日進月歩で進むIT業界の変化に対応するための新しい技術を学ぶ時間がなくなります。こうしたリスクをなくすためにフリーの常駐エンジニアとして働くという選択肢があります。レバテックフリーランスやITトレジャーといったエージェントの力を借りて安心して仕事に打ち込むことが可能になります。 フリーエンジニアとして独立するの詳細を見る

会社を興し中小企業の社長になる

会社員時代に感じた経験から中小企業向けのコンサルティング会社を作ろうと決意した企業家がいます。しかし中小企業のITへの理解の低さから、この事業はとん挫してしまいます。それでも営業先から依頼されたホームページ制作をきっかけに自社で運送業者向けのアプリの開発を始めると、中小規模の運送業者からの契約が徐々に増え始めました。今後は苦しい環境にいる日本のITエンジニアが余裕を持って働ける大企業に発展させたいと彼女は考えています。 会社を興し中小企業の社長になるの詳細を見る

最後の難関「退職」

派遣プログラマになるために転職活動を行い、希望の会社の内定を得て、それを承諾してもそこで終わりではありません。まだ退職という大きな関門が残っています。円満に退職するためには、上司からの引き止め交渉には決して折れず、残務を整理し、引き継ぎ作業をきちんと終え、内外への挨拶もすませなければいけません。これらを失敗の無いように行うためには退職の際の状況を想像して計画を立てておき、内定を得たらなるべく早めに行動を起こすことが大切です。 最後の難関「退職」の詳細を見る

おすすめ記事ピックアップ

派遣プログラマが求められる理由

派遣プログラマという働き方にどのようなイメージを持っていますか?派遣にまつわる良くないイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、プログラマという専門スキルを持つ職業であれば、派遣という働き方によるキャリアアップの道があります。

派遣先を紹介されやすい人

派遣プログラマを求めている企業は、派遣プログラマに対してプログラマとしてのハイレベルなスキルを期待すると同時に、コミュニケーション能力の高い人を希望しています。即戦力として業務をスムーズにこなすためには、コミュニケーションスキルは必要不可欠なのです。

大不況が起こってもプログラマが生き残れる理由

どんなに不景気でもプログラマは生き残るという説があります。プログラミングの知識と能力は今後のグローバル社会を力強く生き抜いていくための力であるという考え方です。確かに、プログラミングスキルは現代人にとって強力な武器といえるでしょう。

↑ ページトップへ

Copyright © 2014 派遣応援団!プログラマーズルーム All Rights Reserved.