派遣が嫌なら自社開発のプログラマになろう!

派遣応援団!プログラマーズルーム

派遣で働くプログラマのための、おトク情報レポート!

派遣応援団!プログラマーズルーム

自社サービス開発のエンジニアに転職する

自社サービス開発のエンジニアに転職する

安定する自社サービス開発

どの会社も本当は自分の会社にエンジニアや開発の部署を置きたいと思ってます。しかしながら、大企業やある程度資金がある会社でないとそういった部門の設立はかなり厳しくなると言えるでしょう。そういった状況であるからこそ、派遣エンジニアが活躍できる場が沢山あり、社会のIT化に伴って更に案件が増えることは間違いありません。しかし、毎回クライアントが変わったり、就業時間が変わったりしてなかなか生活リズムが一定になることはありません。また、就業先を選ぶことができないこともあるため、本当に自分のやりたい仕事や目指しているものに必要なスキルが磨かれていくわけではありません。
それに対し、自社開発の仕事は就業先はいつでも同じで、見知った仲間達が周りにいてとても心強いものです。また就職先を探すときにある程度自分のやりたいこと、目指しているものになれそうな仕事先を見つけられればより最短の道で自分を成長させることができ確かなスキルがつきます。給与も安定しますし、昇進もあります。

自社サービス開発をしている会社に転職

自社の開発部門であればより自分の可能性が広がります。もちろんプログラマとして専門性を突き詰めることもできますし、上流工程に携わってこれを極めたいと思う人はコンサルタント的な業務になることもできる会社もあります。全体に携われるので、より業界の全体像が把握できます。様々な視点を持ち、更に様々な業務を体験できる分、自分の可能性の道がいくつにも分かれるのです。そんな会社に転職するならば転職サイトを活用するのが一番効率良いでしょう。

・キャリアプログラミング

・転職エージェントneo

自らが創造できる場であり自分で考える場

派遣エンジニアの場合、大体が決まったものを作っていく作業です。よって「自分が何かを作りたい!」と考えている人にとってはなかなかそれを成就させることは難しいでしょう。しかし、ただプログラムを打っていたいという人にはうってつけかもしれません。最悪コミュニケーションを余り取らずとも仕事として成立します。しかし、自社の開発部門の仕事であればゆくゆくは要件定義の段階から参加することができます。お客様の意図を理解し、自分のアイデアを提案できる場所があります。もちろんしっかりとした社会人としてのマナーは必須ですし、コミュニケーション能力も高くなければなりません。それ以外にも保守・運用の仕事もあります。全てに関わることができ、責任はありますがやりがいもあります。また、ソフトウェアやアプリを作っているような会社であれば自分のアイデアを形にできるチャンスもあります。それが世に出て有名になったなら、評価を頂きさらなる高みを目指せる環境があるといえるでしょう。

おすすめ記事ピックアップ

派遣プログラマが求められる理由

派遣プログラマという働き方にどのようなイメージを持っていますか?派遣にまつわる良くないイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、プログラマという専門スキルを持つ職業であれば、派遣という働き方によるキャリアアップの道があります。

派遣先を紹介されやすい人

派遣プログラマを求めている企業は、派遣プログラマに対してプログラマとしてのハイレベルなスキルを期待すると同時に、コミュニケーション能力の高い人を希望しています。即戦力として業務をスムーズにこなすためには、コミュニケーションスキルは必要不可欠なのです。

大不況が起こってもプログラマが生き残れる理由

どんなに不景気でもプログラマは生き残るという説があります。プログラミングの知識と能力は今後のグローバル社会を力強く生き抜いていくための力であるという考え方です。確かに、プログラミングスキルは現代人にとって強力な武器といえるでしょう。

↑ ページトップへ

Copyright © 2014 派遣応援団!プログラマーズルーム All Rights Reserved.