派遣プログラマはSierで働くのがオススメ!

派遣応援団!プログラマーズルーム

派遣で働くプログラマのための、おトク情報レポート!

派遣応援団!プログラマーズルーム

未だ需要の多いSier社員として働く

未だ需要の多いSier社員として働く

広がるSierの可能性

企業向けの情報システムのコンサルティングや設計、運用などを手掛けるシステムインテグレーター(Sier)は、実際にどんな作業をしている会社なのか、どんな社会貢献をしているのかなど実情が分かりづらいかもしれません。しかし、メーカーをはじめとして金融や流通サービスなど、日本の中心的な産業では情報システムが導入されています。例えばメーカーでは製品設計、サプライチェーンといったあらゆる部分で情報サービスが利用されていて、設計品質の向上に一役買うだけではなく、社会情勢から分析して今後の需給予測を行うので、従来にはない高精度の在庫管理も可能にしています。また、流通や交通を扱う企業に対しては複雑なダイヤグラム編成を自動で行うシステムなどを作成することで、それに従来に欠けられていたコストも抑えることができる上、より効率的に進化させることも可能になっています。

Sier各社の働きと顧客企業との関係

日本中にはたくさんの企業があり、それぞれ職種も業態も違います。同じ職種、業態の企業でも違いを出すためにその企業特有の「強み」を持っていることがほとんどです。Sierはそのような顧客企業の強みに対応する必要があり、その強みに更に「付加価値の高いシステムを構築する」ことで、より顧客企業の強みを増す事ができます。また、Sierはまず顧客企業に対して経営会議から積極的に参加をします。顧客が意図する経営戦略を実現するために必要な情報システムをコンサルティングするところから始めてソリューションを提案します。その後実際に情報システムを構築し、運用するところまで一手に引き受けることになります。すなわち企業がSierに求めるものは単なる小手先の技術力ではなく、自分の企業に対する理解度がどの程度なのか、一緒に進んでいく信頼性はあるのかを見られます。また企業が手掛けるプロジェクトが大きければ大きいほど、本当に情報システムを構築する力があるのか、技術力や人材など様々な観点から企業はSierを判断し、パートナーを選びます。

Sierでの働き方

高速で進んでいくITの時代に置いてSierも立ち止まることはできません。そのためにSierにとって必要なのは目先の技術力よりも、「新しい価値を生み出すことができる人材」になります。もしこれからSierで働いてみたいと思う人は、そのSierが社員を大切にしているかどうかを中心に見ていくといいと思います。人材を大切にして育成に力を注げるSierでないと激変する世界情勢、経済の変化、サービスや扱うテーマの変化に対応することができないからです。企業が生き残るために必要な新しい価値をSierは常に探し続ける必要がある以上、Sierで働く人間もまた、世の中をより良くする新しい価値を常に生み出していく必要があるのです。

おすすめ記事ピックアップ

派遣プログラマが求められる理由

派遣プログラマという働き方にどのようなイメージを持っていますか?派遣にまつわる良くないイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、プログラマという専門スキルを持つ職業であれば、派遣という働き方によるキャリアアップの道があります。

派遣先を紹介されやすい人

派遣プログラマを求めている企業は、派遣プログラマに対してプログラマとしてのハイレベルなスキルを期待すると同時に、コミュニケーション能力の高い人を希望しています。即戦力として業務をスムーズにこなすためには、コミュニケーションスキルは必要不可欠なのです。

大不況が起こってもプログラマが生き残れる理由

どんなに不景気でもプログラマは生き残るという説があります。プログラミングの知識と能力は今後のグローバル社会を力強く生き抜いていくための力であるという考え方です。確かに、プログラミングスキルは現代人にとって強力な武器といえるでしょう。

↑ ページトップへ

Copyright © 2014 派遣応援団!プログラマーズルーム All Rights Reserved.